自分に合ったお仕事探し

自分に合ったお仕事探し

自分に合った仕事ってなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に合った仕事とは何かを考え、やってみたいと思ったその仕事がしたい!というのは働く人の理想ではないでしょうか。
これから就職しようとする人も転職を考えている人も日々会社で働いている人も答えがほしいでしょう。
それがわかれば自身の人生においての充実度が上昇し、意欲をもって明確にその方向に進めます。
そして、人生において多くの時間を割くことになる仕事を前向きに捉えることができます。

しかし、その答えは本人にしか出せません。
人は大人になるに従って、日々の忙しさや悩み、ストレスなどで感性や感情が失われていくと言われています。
単純に仕事の忙しさに見識は狭まり、少なくとも感性は鈍くなっていくでしょう。
その結果、何が好きか、どんなことに興味があるかということがわからなくなっていきます。
今は多くの大人がそいう状態で働いていると言えるでしょう。
そうならないためには、就職であれ、転職であれ、自分にとって仕事は何なのかについて考える必要があります。
流されて生きていくことは楽かもしれませんが、楽しくはないでしょう。

やりたい仕事について考える

自分に合った仕事とは、好きなことと得意なことが一致している仕事と言えるかもしれません。
そのため、自分のことについて考える、思い出すということが必要です。
自己分析ということになりますが、どんな人にも好きなことと嫌いなことがあります。
得意なことと不得意なことが必ずありますので、それを自分の中で整理するということになります。

そこから、好きなことと得意なことが含まれている仕事を見つけることです。
そのとき注意したいことは、嫌いなことや不得意なことも含まれていないかということも見なければなりません。
そして、それが耐えうることかそうでないかを判断します。
特に嫌いなことは、絶対に嫌というレベルとなるべくならしたくないというように段階があります。
この絶対に嫌というものの割合が多く含まれていれば仕事を長く続けることはできないでしょう。

自分に合った仕事かどうかは他人にはわかりません。
自分が仕事に合わせる必要がある場合もあるでしょう。
でも、自分の本心ではわかっているはずです。
ただ明確にされていないというだけです。
もしかしたら、今やっていることが、前にしていたことが、やりたいとおもっていることが自分に合っている仕事なのかもしれません。

派遣社員は人間関係があっさりしてる

派遣社員という労働体系を選択することも自分に合った就職や転職を考える上で重要でしょう。
人間関係について考えるなら、派遣社員という労働体系も人によっては働きやすい環境といえるかもしれません。
派遣社員は人間関係があっさりしているという意見が多く聞かれます。
正社員は、定年まで同じ会社で勤めることが予定されています。
長い付き合いが予定されているので、労働環境をより良くし、効率化を図るためにもがんばって良い人間関係を作ろうと努力をします。
飲みニケーションという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。
人付き合いを円滑にするため、コミュニケーションを図るために付き合いで飲みに行かなくてはならない場合もあるでしょう。
お酒が嫌いな人、苦手な人にとっては苦痛でしかありません。

その点、派遣社員ではそのような機会があっても無理に行く必要はないでしょう。
3ヶ月ごとの更新となっている派遣社員の場合には、3ヶ月ごとに別の場所へ移動する可能性があるからです。
3ヶ月という期間は仕事をしていると短く、あっという間でしょう。
人間関係を築こうとしている間に雇用期間を過ぎてしまうことが多くみられます。
もし人間関係がうまくいかなくても、3ヶ月我慢すれば別の場所へ移動する可能性があるので、無理に良い人間関係を築こうとする努力をする必要がありません。
また、人間関係を築くことに成功しても、3ヶ月後の契約更新の時に、契約が更新されず遠くの勤務地へ移動となれば仕事上の付き合いですので人間関係は途切れてしまうでしょう。
人間関係の付き合いが面倒な人、苦手な人にとって派遣労働は良い環境なのかもしれません。

給料の低さに驚く

しかし、給料の差を考える必要はあります
正社員の人は、高い給料とボーナスがもらえます。
20代前半くらいの時期にはそれほど差がありませんが、50代になってくると、年収は2倍以上も差がついていることもあります。
経済的な豊かさに差があると、時間の使い方にも差が出てきます。
派遣社員の人は、お金がないということを理解しているので、自分のためにお金を使うことが中心になるでしょう。

給料の額面だけをみれば社会的に不利な労働形態に思えるかもしれませんが、そういった自分自身のために働くという選択肢も考えてみても悪くないでしょう。

転職の目的と条件を明確にしましょう

転職活動を行う際には、その目的と条件を明確にしておくことが大切です。
そうでなければ、すぐに仕事を変えたいと思うことにもなりかねないからです。
自分に合った仕事探しを行える年齢は限られていることをわすれてはなりません。
年齢を重ねてしまうと年齢制限を設けている求人も多いので転職が難しくなります。
雇う企業側も若く、長く働いてくれるであろう戦力を期待しているからです。

そのために、まずはやりがいのある仕事を探すことがひとつの目的となります。
そしてこれまでの経験を生かせる仕事を選ぶことで、収入を増やすことも目的となります。
つまり、条件としては自分の能力を生かせる仕事ということになります。
自分の能力に見合わない場合は、それをやり通すだけの強い意志が必要です。

まず、やりがいのある仕事探しですが、その条件も知っておくことが大事です。
多くの人は興味を持てること、好きなことを挙げるものです。
もちろんそれも大事ですし、色んな意味で興味を持てなければ仕事は続かないものです。
けれどもその興味という言葉には、色んな意味合いがあります。
これまでその仕事の存在すら知らなかったというものでも、携わってみれば長く続いたという場合があります。
これは、結果的に興味を持ったということです。
そしてその条件となるのは、仕事を追及したいという意識つまり、知識欲が生まれるかどうかということです。

そしてその意識が生まれるのは、自分が持っているスキルを生かすことによって品質を高めることができるはずです。
つまり、取組み方によっては品質が左右されるような仕事は、自分のアプローチ次第でいくらでも品質を高めることができるわけです。
深めた知識をより洗練させることができます。

転職を決意

そのような仕事を探すことが、転職における目的と言えます。
そして、そのような高い品質を追求できる仕事であれば、高い収入を得ることにもつながります。
たとえそうではないとしても、やりがいを感じることによって満足感を得ることができます。
満足感を得られる仕事であれば、長く続けることができます。
続けることができなければ、また一から新しい仕事を覚えることになり収入は安定しません。
そのような仕事が、結果的には自分に向いている仕事であると言えるでしょう。

転職の目的と条件が見つかったら、次は転職の求人探しです。
転職の求人はハローワークや求人サイトを利用して、目的と条件が一致する所を探しましょう。
求人サイトは大手のサイトが幅広い職種を取り扱っているのでおすすめですが、今は専門の職種に特化した転職サイトもあります。
例えば、看護師の求人サイトが挙げられます。
看護師の転職サイトでは非公開の求人情報を提供してくれたり、転職までのサポートを受けれるのが最大のメリットと言えます。
一方、デメリットとしては看護師の転職サイトに限らず、悪質な転職サイトも存在するので、そのようなサイトを利用しないために看護師の転職にはランキングサイトを活用したり、実際にサイトを利用したユーザーの口コミを見て判断するのが重要です。