自分に合ったお仕事探し
自分に合ったお仕事探し

仕事のメールで理由を説明する時は簡潔に

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンと手紙仕事ではメールによる連絡が便利ですが、他の人にお願いをする時などは特に丁寧に依頼しなければいけません。
文章だけで説明するので、文面から受ける印象が強くなり、ビジネスマナーが不十分な書き方ではトラブルになってしまう恐れがあります。
トラブルを予防しつつも、頼まれた側が気分良く引き受けてくれる文面にするためには、理由を簡潔に説明することが重要です。

相手も忙しい中で時間を割いてもらうことを忘れずに、分かりやすい理由を添えつつも、きちんとした言い回しでお願いしなければいけません。
入社したばかりの新入社員にとっては難しい話ですが、メールを使いこなせなくては仕事にならないので、早めに慣れましょう。
いちいち先輩や上司に尋ねるわけにもいかないので、評判が良いビジネスマナーの参考書などを手元に置いておくことをお勧めします。
仕事で用いる表現には一定のパターンがあるから、仕事を覚えていくうちに自然にどう書いたらいいのかが分かってきます。
失敗をしてしまって、迷惑をかけてしまった相手に謝罪する場合であっても、理由を説明することは大切です。
どのような理由があっても失敗は許されるものではありませんが、それでも納得できるだけの理由があるかどうかで、相手が受ける印象は大きく変わってきます。

それ以外にも、色々な場面で理由を説明することでスムーズに仕事を進められるので、メールであっても手を抜かずに文面を考えましょう。
なお、メールでよく使う文面を記録しておくと、それぞれの場面ですぐに最適な文章ができあがって、後は名前などを修正するだけで送れます。
電話とメールの長所をよく理解して、相手の負担にならないように使い分けるのが、仕事ができるビジネスマンです。