自分に合ったお仕事探し
自分に合ったお仕事探し

仕事の広告を駐車場にも出してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の広告をどこに出すのかは、事業者にとって大きな決断になります。
テレビといったマスメディアのCMでは高すぎる上に、1回の放送が短すぎて、ターゲットとしている人物が見てくれるかどうかが分からないのが現状です。
中小企業であっても気軽に仕事の広告を出せる媒体としては、地域住民がよく出入りする駐車場が向いています。駐車場
新聞広告では購読者にしかアピールできませんが、多くの人が頻繁に出入りする駐車場であれば、多種多様な人間の目にとまります。
月度の利用料金としても、公共交通機関と比べてリーズナブルであり、ポスターや看板の作成費用を考慮しても十分な費用対効果を見込めるのです。
社員数人しかいない中小企業であっても気軽に仕事の広告を出せる場であり、大通りや繁華街に面した駐車場であれば何かの拍子に通行人にも注目してもらえる可能性があります。
人手を要するビラ配りとは違って継続的に広告効果があるので、利用料金を払っている間は24時間誰かに見てもらえるチャンスがあるのが大きな特徴です。
主に車をその駐車場にとめておく人間をターゲットにするから、マーケティングとしても絞りやすく、効果的な仕事の広告を出しやすくなります。
家族経営で行っている個人事業主であっても利用しやすい点は、他の媒体にはない魅力であり、仕事のみならず新商品の宣伝にも役立てられます。
自転車の駐車場も同じく地域向けの広告として適していて、若い人間が通学で継続的に利用することが多いから、学生向けのアルバイトやパートの仕事との相性が良くなっている状態です。
車の駐車場よりも利用料金が安くなっているため、上手く活用すれば、慢性的な人手不足の解消といった費用を大きく上回る成果を期待できます。