自分に合ったお仕事探し
自分に合ったお仕事探し

仕事を求める人の為の求人サイトの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般に求人サイトとしてよく利用されているのは大卒等の新卒者を中心として他に転職者向け、派遣希望者向けで有名なサイトがあります。
また、新聞社の関連会社で人材広告企業や人材情報サービスを提供しているポータルサイトがあり、この2つがよく知られています。求人サイト検索中
前者は1996年から開始されパソコンのWindows95が世の中へ出だした時期であり1997年には名称変更を行いました。
2000年代以降は新卒専用では大きな影響力を持つに至り2011年からは国の就職支援対象のサイトになっています。
後者は2007年にブランド名が発表され新卒学生向きの略称として使われていたものが2011年に企業名も本ブランド名として現在のものに名称変更されました。
2012年には人材情報以外に賃貸やウェディング関連も扱うようになって来ています。

これらの2つの求人サイトに共通しているのは会社のカラーに合わせてページ内容が作られているところです。
例えばイメージを良くすることも大切な要素です。
使用される写真やサイトにおけるデザイン面、あるいはインタビューの記事なども好感の持てる内容のものが掲載され、それに同調した人は大抵はここが入口となって申し込みが行われます。
それだけこれらの面に関して多くの資金が投入されていると見えます。
イメージの良い企業には人が集まるということで企業側にとっても自社の望む人材が選べる確率が高くなります。
但し、イメージを良くしたからといって入社した人の離職率が減るとは限らず、若手社員の離職率が高いのも事実です。

よって企業の人気度やイメージで安易に決めるとブラック企業にも当り内容が違うということもあり得ます。
そこで仕事を求める人の為、真の求人サイトの作り方は労働条件、残業代の支払い、固定残業代にノルマはあるのかといったことがあげられます。
ブラック企業であることが判明した場合の罰金制を課すなどの詳細説明や条件が必要となりそうです。