自分に合ったお仕事探し
自分に合ったお仕事探し

DVDの翻訳の仕事は募集が少ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳のお仕事外国の映画やコンサートのDVDを翻訳する仕事はありますが、求人の数は少なくなっています。
特に英語の知識と優れた翻訳の技術が求められます。
翻訳の技術は一番重要で、読みやすい訳文を作り上げることを求められます。
DVDの場合は、字幕として翻訳が使われます。
本のように読み返すことができないので、一つの英文を簡潔に訳すことが必要です。

この種の仕事をしたい時は、翻訳の学校にまず通うのが良い方法です。
その種の学校で字幕のコースを取り、勉強を続けます。
コースを学ぶ期間は2年のことが多いです。
翻訳の学校は全日制と夜間の2つがあります。
夜間のコースだったら、授業時間が短いので、コースの終了までに2年以上かかります。
もし可能だったら、仕事をしながら夜間に学校に行った方が、安定した生活を送ることができます。
DVDの翻訳の仕事だけで生計を立てるのは、容易ではありません。
特に仕事を始めたばかりの頃は生活が苦しくなることを、あらかじめ知っておいた方が良いでしょう。

学校に行って、いい成績を取ることができたら、就職先や仕事の紹介をしてもらえる可能性が高まります。
このタイプの学校だったら、実際のDVDの仕事をしている人が講師になっていることは多いです。
そんな講師の人に優秀だと認められたら、自分が活躍するチャンスが広がります。
このタイプの学校に入ったら、とにかく一生懸命に勉強することが大切です。
そして言葉のセンスを磨いて、実際の翻訳をする時に生かすようにします。
英語だけではなく、日本語のセンスも大切です。
学校での勉強に加えて、本をよく読んで語彙を増やすことで、良い仕事ができるようになります。
安定した収入が得られるまで、会社勤めは続けましょう。